TOP

【頑張れ卒業生!】香川県警察勤務

 

平成26年度 食物科卒業生 三谷 颯希さん(白峰中学校出身)

在学中は「とにかく調理実習が楽しみで、料理のために来ていた。」 調理技術検定1級ではフレンチフルコースにチャレンジし、減点方式の検定で、味の評価で唯一加点を取得するなど、素晴らしい作品を作った。「検定員に評価してもらったことは今でも覚えているし、本当にうれしかった。」また放課後は部活動には所属していなかったが、ダンススタジオに所属し、すでにブレイクダンスのインストラクターを務めるほどの腕前で、大会前には体育館1Fのガラスの前で、ダンス練習に励む姿が見られた。何事にも全力で取り組み、料理やダンスなど、追究することを楽しむ性格は当時も今も変わらない。「自分のやりたい事を応援してくれる先生の言葉が嬉しかった。」卒業後は、イタリアンレストランに就職したが、かねてより海外で働くことに関心があったため、退職後にカナダやベトナムへ渡った。帰国後、「人の幸せを守る」警察官になる事を決意。現在、海外での経験を活かし、県警英語通訳官として活躍中である。

 

【卒業生がやってきた!ヤァ!ヤァ!ヤァ!】進路活動を目の前に、後輩へ激励訪問

 

令和2年度 食物科卒業生の稲澤ひかるさん(富士産業株式会社 勤務)と岩﨑亮さん(東急ハーヴェストクラブ有馬六彩 勤務)が本校を訪れ、就職・進学活動を直前にした食物科3年生にむけて、現在の自分たちの様子を語ってもらいました。それぞれ勤務する現場で、病院食を作る稲澤さんに対して、リゾート地で食事を作っている岩﨑さん。互いに食に関わる仕事でありながら、その目的と仕事内容の違いなどを比較しながら、話してくれました。3年生は自身が1年生の頃に見かけた先輩のイメージと、現場で鍛えられ成長した二人の雰囲気の違いに、自身の進路意識への覚悟を深めている様子でした。

稲澤さん勤務先 富士産業株式会社HP

岩﨑さん勤務先 東急ハーヴェストクラブ有馬六彩HP

【哲学対話しようぜ!】1年生食物科 ~ 愛と恋 ~

7月13日(水)全校生徒対象に哲学対話が行われました。1年生食物科では、6~7組合同で行いました。テーマは「愛と恋の違い」でした。教員も混ざって愛とは?恋とは?と話し合い、最後にそれぞれの班で行きついた答えを全体に発表しました。

生徒会生徒による、目安箱の設置について

 

生徒会生徒が目安箱を設置しました。

生徒の意見を吸い上げて、生徒中心の学校つくりを目指しています。

「食堂のメニューの充実!」「自販機増やして!」「頭髪を自由に!」

「授業の内容をもっとこうして!」「体育祭にこれしたい!」

「クラスマッチあれしたい!」など、ドシドシ!生徒会まで意見ください!

JRホテルクレメント高松でテーブルマナー 食物科1年生

 

7月4日(月)JRホテルクレメント高松にて、食物科1年生のテーブルマナーが行われました。生徒は慣れないホテルの雰囲気に緊張しながらも、カトラリーの使用方法や食事作法などを学びました。途中、洋食授業を担当する渋川シェフの料理説明やJRホテルクレメント高松に勤務する卒業生との交流があるなど、充実したテーブルマナーを行うことができました。

 

和菓子甲子園 県予選優勝!

 

第13回全国和菓子甲子園が行われ、食物科製菓部3年生の十河菜月くん、田中悠生くんのペアが優勝いたしました。今年のテーマは「SDGs」、二人は作品名「瀬戸のレモン大福」を出品、テーマについて「瀬戸内レモンの実、果汁、皮すべてをふんだんに使ってゴミを少しでも減らし、食品ロスを抑えたいと思い考案しました。日頃より、爽やかで誠実でありたいと思っています。また、地球全体が幸せであることを願っています。」

7月13日(水)に開催される、中四国大会に出場します。

【頑張れ卒業生!】JRホテルクレメント高松 調理ベーカリー勤務

令和3年度食物科卒業生 草薙梨花子さん(丸亀東中学校出身)

入学時より製菓に関心が深く、食物科製菓部でも活躍しました。文化祭や製菓部イベントでは、他の部員と遅くまで調理室で仕込みや計量をしている姿がありました。

「一人ひとりが全力で実習に取り組み、皆で協力することの大切さを学べたことが食物科の一番の魅力。」「卒業制作が一番の思い出、コロナ対策を強いられ、制限のある中で肉料理のリーダーを務めた苦労と、やり遂げた喜びが一番の思い出です。」現在は技術向上、作業の効率化など目の前の仕事を100%応えることを心がけているそうです。「将来は、やっぱり自分のお店を開きたい!」入社してわずかですが、その目からは充実さと自信が見られました。JRホテルクレメント高松1Fのベーカリーショップでケーキなどお求め頂けます。ぜひご利用ください。

【公式サイト】JRホテルクレメント高松

海外とつないでオンライン英会話 特別進学コース1年生(ECⅠ授業風景)・グローバル進学類型2年生(CEⅡ)

 

英語による発信力を身に付けるために、一人一台のタブレットを使用して海外の外国人講師とリアルタイムでつながり一対一での個別レッスンが1年生特別進学コースのECⅠの授業で行われました。最初は恥ずかしそうな生徒も、好きな食べ物や日常的な話しに徐々に緊張もほぐれたのか外国人講師との会話を楽しんでいました。1年生の特別進学コースの他にも、2年生グローバル・進学類型のCEⅡでも行います。

廃棄うどんを救え!うどんバーガー開発試食会 食物科2年生

廃棄うどんの問題解決を目指して、うどんを使用したうどんバーガーの開発を1年生の頃から取り組んできました。試食会は今回で3回目で5つの候補まで絞られました。今回も日の出製麺所の三好さん、坂出商工会議所、さらに販売を予定している与島パーキングエリアの方々、そして講師でもある高松国際ホテル松原シェフに試食会をお願いしました。

①金時ダブルチーズバーガー

②驚きと感動が止まらない韓国風バーガー

③スダチ香るさっぱりバーガー

④柚子香るさっぱりかき揚げバーガー

⑤Sweet udon bugar

来週も試食会を予定しており、販売先の与島パーキングエリアに合わせた調理法や多数の製造を可能にする調理法など問題解決を目指します。