TOP

令和2年度二学期終業式

令和2年度二学期終業式は、体育館に集合することなく放送で行い、校長から生徒たちに次のような言葉を贈りました。

今年は正月早々、日本に新型コロナウイルスが入って来て、4月中旬の第一波、7月から8月にかけての第二波、そして12月の今の第三波と、収まることなく大きなうねりが押し寄せ、コロナで始まりコロナで1年が終わろうとしています。

今年は、3月から5月にかけて3か月間も学校は休校となり、学校が再開しても逆に夏休みが非常に短くまた土曜授業もあり、さらにインターハイなど様々な大会が中止になるなど、異常な一年間となりました。

こうような中、コロナが私たちに与えた脅威はどのような意味を持つのでしょうか。当初コロナを非常に恐れましたが、少しずつ実態が分かりだしその恐れも少なくなり、時間が経つと最近では慣れてしまい緊張感がなくなった結果、これまでになく感染が急拡大している現状にあります。

あまり恐れすぎるのもいけないし、甘く見すぎるのもいけません。ウイズコロナと言われるとおり、マスク、手洗いなど常に用心をし、密になる所での食事や、カラオケなど大声を出す場所に行かないなど感染リスクを避け、慎重になりながらも普段の生活を続けていかなければなりません。

コロナの問題は、私たちに人類にとって大きな苦難です。科学や医療技術が発達した現代においても大きな苦難です。私たちはこの苦難をどう乗り越えるかが、試されているのだと思います。この苦難から逃げずにしっかりと真正面から受け止め、逆に向かっていくことが大事な事と思います。この苦難を乗り越えることで人間は成長していくものです。

実は苦難はコロナだけではありません。これは皆さん自身の周辺にもいくらでもあります。進学や就職においても、或いは毎日の勉強や部活動においても、さらに友達や家庭の中においても苦難はあります。

自分が目指そうとした所に大きな壁が立ちはだかる。大きな苦難が立ちはだかることがよくあります。しかし、それを一つ一つ工夫を凝らしながら乗り越えることにより、人は成長していくものです。

皆さんにとっての人生は二度とない人生です。ですからしっかりと大きな苦難、小さな苦難、様々な苦難に立ち向かい、それを克服して、一歩一歩前に進んで行ってください。そして成長していってください。

ラグビー部が、3日後の日曜日に大阪・花園ラグビー場で、福岡の筑紫高校と戦います。筑紫高校と戦うというのも、苦難の一つです。是非ともこの苦難を克服してください。大いに期待しております。

さて、来週にはもう正月を迎え、新しい年、令和3年が始まります。「1年の計は、元旦にあり。」と昔からいわれ、正月に自分の1年間の目標を立てるのが一般的ですが、是非とも皆さんが持っているフォーサイト手帳に、1年間の目標を書きこみ、そのために毎日何をすべきかを是非とも記入しておいてください。

最後に、明日から長期間の休みになります。皆さんがコロナに罹らないよう、マスク、手洗いをしっかりとし、密になる所に行かないなど、今年だけは静かな年末年始とし、一人一人自覚ある行動を取ってください。自分くらい大丈夫だろうと油断すると、コロナウイルスはそんな心の隙を狙ってくるのです。

それでは、今年一年間本当にご苦労様でした。お疲れさまでした。来年が皆さんにとり明るい年となるよう、心から祈っております。