活動実績

猪熊美術館でファッションショー

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館の開館26周年記念イベントにおいて、ファッションデザイン科の生徒がファッションショーを行いました。猪熊画伯の線描画をプリント・デザインして作ったドレスやワンピースを披露しました。

2千人を超す観客を前に、料理パフォーマンス

第58回中国・四国地区高校PTA連合会大会において、食物科料理研究部の生徒が料理パフォーマンスを披露しました。レクザムホールで開催された大会にはPTA関係者ら約2千人が参加し、日本の四季を表現した活け作りなど、完成度の高いパフォーマンスに大きな拍手が送られました。


春夏秋冬を料理で表現

ミスさかいでの新ユニフォームをデザイン

坂出商工会議所からの依頼を受け、ファッションデザイン科の2・3年生が「第19代ミスさかいで」の新しいユニフォームデザインを考えました。3年生佐柳さんのデザインがグランプリに選ばれ、採用となりました。10月に行われる坂出市のイベントでのデビューに向けて、現在新しいユニフォームを制作中です。


ユニフォームデザイングランプリ受賞表彰式

高松空港大使のユニフォームデザインを担当

新しく「高松空港大使」を設けるのにあたり、高松空港株式会社からの依頼を受けて、ファッションデザイン科の2・3年生がユニフォームのデザインを考えました。プレゼンの後審査が行われ、3年生佐柳さんのデザイン画が採用されました。10月に行われる高松空港まつりにおいて、高松空港大使が新しいユニフォームを着て登場する予定です。

「農業女子」の作業服をデザイン・製作

ファッションデザイン科の生徒が、「農業女子」の依頼を受けておしゃれで機能的な作業服をデザイン・製作しました。JA香川県農協・クボタ・香川県とのコラボにより実現した「TSUNAGIプロジェクト」の一環です。黄やピンクなどの明るい色を使い、虫よけや日焼け対策も考えたデザインになっています。


ファッションデザイン科生徒がデザインした作業服

全国大会に出場する生徒が、坂出市長らを表敬訪問

2018年に「全国高校総合体育大会(インターハイ)」に出場する少林寺拳法部と、「NHK杯全国高校放送コンテスト」に参加する放送部、「全国高等学校ファッションデザイン選手権大会(ファッション甲子園2018)」に出場するファッションデザイン科の生徒11名が、坂出市役所に市長らを表敬訪問しました。

ファミリーマートでオリジナルうどんを限定販売

2016年冬、中国・四国地区のファミリーマート各店において、食物科の生徒がメニューを考えた「福を牛牛(ぎゅうぎゅう)オリーブうどん」が販売されました。香川県特選のオリーブを練り込んだ麺はコシがあり、丁寧に取ったいりこだしとの相性もよく、大変好評でした。

高速道 豊浜SAで、いりこの焼き菓子販売と、出張高校生レストラン開店

週末限定で、高松自動車道の豊浜サービスエリアにおいて、食物科製菓部がお菓子を販売しました。観音寺特産のいりこを使った焼き菓子(チュイール)や、ニンジンとレーズンのスコーン、マドレーヌを販売しました。食物科料理研究部はサービスエリア内のレストランで「出張高校生レストラン」を開店。どちらも大好評でした。

「高校生レストラン」オープン

瀬戸大橋が見える道の駅 瀬戸大橋記念公園で食物科料理研究部が、季節に合わせた彩り豊かなメニューを考えて定期的に開催しているレストランです。地元でとれる旬の食材を使ったお弁当風ランチなどを、心を込めて提供しています。善通寺の「ここ家」でも開店。


「第27回さかいで塩まつり」に参加

瀬戸大橋記念公園で行われた香川県最大級の地域イベントに、食物科料理研究部と食物科製菓部が参加しました。製菓部は、マドレーヌやクッキーなどの手作り焼き菓子の販売と、子どもたちに大人気のアイシング体験(クッキーにクリーム状の砂糖を使って好きな絵を描く体験)を行いました。料理研究部は「高校生レストランin塩まつり」として、限定80食のオリジナル弁当を販売しました。


アイシング体験

高校生レストラン

地域のボランティア活動にも積極的に参加

生徒会の呼びかけにより、生徒の有志によるボランティア活動を定期的に行っています。坂出駅前での清掃活動や、福祉施設におけるイベントの補助、募金の呼びかけなど、地域の役に立てるようにがんばっています。


駅前での清掃活動

募金呼びかけ